【雑記】地獄のキャラメイク強化月間、終

 

「もうちょい鼻の形なんとかしてぇな」
廃人aが呟いたこの何気ない言葉。それが全ての始まりだった……

自分のキャラを眺めていてふと思ったんですね。鼻(小鼻)の形にもうちょいリアルみが欲しいなと。
別にリアルキャラメイクを理想としているわけではないんですが、これはちょっと酷すぎると。
鼻中隔(鼻の穴と穴の間)が狭すぎると。

というわけで始まったマイキャラクターどもの鼻改修。
試行錯誤の末、私の最古参キャラクター、小夜の鼻は形としてはとてもいい感じになったのです。
しかし、鼻がよくなったぶん、他のパーツとの親和性?が無くなったというか、とにかく強烈な違和感を覚えるようになったのです。

悩みに悩んだ末、私はついに決心しました。

「全キャラ改修や」

そして廃人aは一ヶ月分の自由時間をほぼキャラメイクだけで消費したのであった……


 

当方の最古参キャラクター、小夜です。キャラメイクの結果報告的なSSなのにENBのエフェクトごりごりなのはご容赦。
ツイッター見てくだすってる方々はご存知でしょうが、小夜は迷走しまくりましたねぇ。
小夜の理想像としてイメージされるものがいくつかあって、それがぐっちゃぐちゃになってそれはもう酷い状態でした。
キャラメイクやり直しはもちろん、テクスチャを変えてみたり髪形を決めるのにえらい時間かかったり……
まぁ結果としてはとりあえず私自身の納得のいく形にはなったので、よしとします。


 

戦大好き人間、ベアトリクスです。
鼻というかそもそも全体的に粗が目立ったのでキャラメイクを一からやり直しました。
また、テクスチャをこれまでのSGからあえてFSCの最新版に変えてみたところ、これが結構当たりだったかなと。
キャラクターのイメージとしてはSGの肌の荒さ加減のほうが良かった気がしないではないですが、まぁまぁまぁまぁとにもかくにも美人度は上がったということで…


 

うちの看板娘、吸血鬼ミナ・ハーカー。
彼女は鼻以外はそこまで弄ってないです。鼻以外はすでに納得の形にはなっていたので、鼻だけほんの少しリアルみだす感じで弄りました。
あとはその鼻に対してバランスが良くなるように配置をちょろちょろしたくらいですかね。


 

爆乳シスターズ(ぇ ネムとネルです。
彼女らはまず鼻の改修は当然として、ちょっと目と目の距離が開きすぎかなと思ったのでこれを狭く。
あと、タイムリーにとても良い感じのそばかすMODがあったのでそのそばかすを使わせてもらうことにしました。


 

見た目としては彼が一番変わったかもしれないですねー
”もしもアレティノが本当に闇の一党の暗殺者になっていたとしたら”というコンセプトで生まれたこの青年版アレティノ。
今までの見た目はちょっと二次元に寄りすぎていて、小夜と並んだときのバランスがちょっとアレだったので、海外の男性モデルを多少参考にしつつ作り直しました。
大人になったアレティノ、しかしまだどこか内面の幼さ(母性的な意味での小夜への依存、暗殺者という職に自身のヒーロー像を重ねるなど)が垣間見えるような。
まぁそれはともかくとして、テクスチャも最新のPretty Faceにして、どうにかこうにか理想的な顔にはなりましたかね。


 

こちらはバベットさんです。闇の一党の。
公式の見た目年齢はたぶん10歳前後だと思うのですが、まぁ10歳には見えんですね。
人によって感じ方はそれぞれでしょうが、私としては15歳くらいをイメージしてやってます。
ロリっぽさはないですが、バベットらしさには自信アリと言ったところ…?


 

このキャラ、ツイッターとかTumblr見ていない方はもしかしたら初見かもしれないんですが、イヴといいます。
かつてスカイリムにドワーフが現存していた頃、彼らと共存する形で人間種族も生活していたというていでリラダン著の「未来のイヴ」をオマージュした話を考えているのですが、
そこに登場するのがこのイヴです。人間だった頃の本名はアリシヤと言います。
とある男に一方的に愛され、ゆえに四肢を切断され、最終的にはドワーフに中身を機械化され、その男をひたむきに愛し微笑みかけるだけの愛玩人形になりました。

以上です(ぇ


 

TES中で恐らく最強の死霊術師であろう狼の女王ことポテマです。
彼女に関する書籍を読み漁って、そこからイメージされる姿を廃人aの趣味を+して再現してみたものです。ちょっと原作レイプ気味かも。
でも書籍の狼の女王とか読む限り、年少の頃に兄貴の金庫破って中にあったカジートのエロ本をネタに恐喝したり、息子の出産時にはロード画面でお馴染みの台詞を吐き散らしたり、どこかの王様を味方につけるためだけに一夜を共にしたりと、かなりアレな人物だとは思うんですよね。公式の時点で。
使ってて楽しいゲス顔、顔芸枠。


なんかもう後半はただのキャラ紹介になってしまいましたが、とりあえずはこんな感じに納まりました。
好き嫌いはともかくとして、まぁまぁキャラメイクとしては一定の水準には達したんじゃないでしょうか。
といつつ、今から見た過去のそれらがそうであるように、いつかはこれらの造形もクソにしか見えなくなるのかもしれませんが…

スポンサーリンク
 

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Whoaw, I love them, specially your Mina redone. (If it’s her :p)

Leave a reply

*

当ブログ内のコンテンツ(スクリーンショット、画像、MODなど)は全て無断転載、複製、加工禁止です。
All contents on this site are not allowed to copy transfer reprint or revise.